上林春松家のお茶づくりへの想い

お茶へのこだわりお茶へのこだわり

足利将軍の時代より続く上林春松の歴史は現在で約450年。そして、今後も続いて行くはずだと思います。私は、その長い歴史のほんのひと時をお預かりしているにすぎません。だからこそ「多くの人に本物の味を楽しんでもらいたい」というシンプルな想いを大切にしなければならないと思うんです。
ですから、皆さんが期待しているような職人気質な"こだわり"はあまりありません。あるとしたら、自分のこだわりより、お客様に美味しいと感じてもらう事が優先ということでしょうか。

上林春松本店 代表取締役 上林秀敏氏

足利将軍の時代より続く上林春松の歴史は現在で約450年。そして、今後も続いて行くはずだと思います。私は、その長い歴史のほんのひと時をお預かりしているにすぎません。だからこそ「多くの人に本物の味を楽しんでもらいたい」というシンプルな想いを大切にしなければならないと思うんです。
ですから、皆さんが期待しているような職人気質な"こだわり"はあまりありません。あるとしたら、自分のこだわりより、お客様に美味しいと感じてもらう事が優先ということでしょうか。

美味しいお茶を作るには

私の主な仕事は、全国から集められる何百と言う茶葉の品質をひとつひとつ見定め、それらを組み合わせて、それらの特徴を生かしながら銘柄を作る事です。ここで、特に重要になってくるのが「外観」と「香り」。
環境や体調によって変わってしまう味は実はその次なんです。言い換えると、外観と香りで味は大体予想がついてしまうんです。同じくお客様の"美味しい"という反応も、味だけではなく感じるものから出てきます。
上林春松と言う名前にあぐらをかいていたら見抜かれてしまいます。だからこそ、全ての感覚を総動員させて、とにかく本当に美味しいと感じてもらえる本物の茶葉を見極め、仕上げていくことが大切なんです。

上林秀敏にとってお茶とは

私の場合は生まれたときからお茶があるのが当たり前でした。遊び場もお茶のある作業場でしたし、多分子供にしては沢山のお茶を飲んでいたと思います。でもそれが普通だったんです。特別美味しいお茶を飲んでいるんだという意識もないですし、特殊な家に生まれたという意識もなかった。生まれてその生活しかしてませんから。そんな環境の中、私は幼い頃からお茶に囲まれ、ごくごく自然にお茶の仕事に携わるようになったのです。だから私にとってのお茶とは、"本当にあって当たり前のもの"。空気と同じような存在なのです。

上林春松本店の社是「温故知新」

この記事をシェアする
  • 旨みある豊かな味わい

    綾鷹

  • 抑えた苦み、繊細な旨み

    綾鷹 にごりほのか